御祭神  應神天皇おうじんてんのう
御神徳
八幡信仰とは、大分県宇佐市の御許山
(おもとやま)における磐座(いわくら)信仰に、
応神天皇を神、神功皇后を神母とする崇拝が加わり、更に早くより宇佐地方
に伝来していた仏教と習合した、我々日本人に最も染み渡った信仰であると
いっても過言ではありません。
「八幡さん」は全国神社約11万社の内4万余社と、その数は「お稲荷さん」
や「天神さん」を上回ります。又武将として優れた人物を輩出した清和源氏
(源義家
八幡太郎、為義、頼朝等)が氏神とした事で武神としての崇敬を集めるに
至り、やがてそれは未曽有の国難「元寇
(蒙古襲来)」における神国・護国意識の
高揚により益々発展しました。八幡神は武神という性格上、厄除、邪気祓、
勝運、必勝等の御利益があり、更に氏神としての広大無辺なる御神威により
私達をお守り下さっています。

御由緒 「摂州丹生山田六條八幡之縁起」によれば、当八幡宮は往古神功皇后が三韓
征伐
(新羅征伐)に向かう途上、「我が山の丹土で舟、兵具を塗り、軍衣を染め、
丹浪
(海水を掻き回して赤く濁らせる)を以て出陣すれば勝利疑いなし」という丹生
都比売命の御神託により、斎戒沐浴して丹生都比売命を氏神と仰ぐ丹生氏族
より丹土を授かるために営んだ行宮址と伝えられています。
― 当宮の西方に聳える丹生(たんじょう)山頂に丹生都比売命をお祀りする丹生
(たんじょう)
神社が鎮座しています ―
時を経て平安時代の中期、一条天皇の御代長徳元年
(995)、周防国(現山口県)
神仏習合の行者で、弘法大師の弟子である基燈法師が各地を巡錫
(じゅんしゃく)し、当地に至り、神功皇后行宮址を応神天皇が修営された霊地である事を夢想の
霊告に感じ、黒木の宝殿一宇(若宮八幡宮)を建立されました。
更に時代は下り、鳥羽天皇の御代保安4年
(1123)に丹生山田庄の領主であった
六條判官源為義が、京の都六条左女牛*(醒ヶ井)の自邸に祀る左女牛八幡大神
を勧請合祀し、古(いにしえ)の若宮八幡宮を再造しました。これにより御神威は
愈々増し、為義の称号をとって「六條八幡宮」と呼ばれるようになりました。
この邸内社は現在「陶器神社」の通称で有名な京都市東山区の五条坂に鎮座
する若宮八幡宮です。(現社地へ遷座されたのは江戸時代です)
その後山田庄は文治3年
(1187)に源頼朝が接収して、上記若宮八幡宮に社領と
して寄進しています。

*
左女牛は「左女牛井」(さめがい)で、源頼義がこの地に築いた源氏六條堀川邸内にあった井戸。
 京三名水の一つ。

参考文献 「山田村郷土誌」「播磨国風土記」「吾妻鏡」

境内
末社

 
 稲荷神社 宇賀魂命     住吉神社 住吉三神・神功皇后
 山王神社 大山祗命     大歳神社 大歳神・高良大神
 猿田彦神社 猿田彦大神