七五三とは、昔の髪置き、袴着、紐落し(帯解き)という、本来は別々のお祝い行事が、江戸時代の末期より11月15日に併せて行われるようになった風習です。
三歳で言葉を理解し、五歳で知恵づき、七歳で歯が生え変る、また病気にもかかりやすく様々な危険を伴う、医学的にもお子様の発育上最も重要な時期です。

ご家族お揃いでお詣り頂き、お子様の健全な成長を氏神様にお祈りしましょう。

ご祈祷は原則予約制となっております。
   午前9時~午後4時
奉修できない日時がありますので、予め社務所にご確認下さい。
祈祷料 5,000円
撤饌(おさがり) 七五三守・千歳飴・記念品(文具等)
年齢は数え年です
(事情により満年齢でも奉修できます)