大祓式のご案内
大祓とは、自らの罪穢れと社会の罪穢れを祓い去る、6月30日(夏越の大祓)と12月31日(年越の大祓)に全国の神社で斎行される行事で、歴史は古く、大宝元年(701)に撰修された大宝律令には正式な宮中の年中行事として定められています。
現在でも宮中では、大祓の儀に先立ち、天皇御自ら「節折(よおり)の儀」により御身を清められます。この儀式は、背丈をはじめ御身五か所の長さを測った9本の竹の節を折る、天皇ご自身のお祓いです。
 6月30日(土)午後2時拝殿において執行(参列自由)
 車形は同日正午までに賽銭箱或いは社務所へお納め下さい
 茅の輪くぐりのご案内
みな月の夏越(なごし)の祓(はらい)する人は
千年(ちとせ)の命延(の)ぶといふなり 
往古、素戔嗚尊(すさのをのみこと)が旅の途中、蘇民将来(そみんしょうらい巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟に一夜の宿を求められました。弟の巨旦将来は裕福な生活をしていましたがそれを断りました。兄の蘇民将来は貧しいながらも尊をお泊めして厚くもてなしました。
その後尊は再び蘇民将来の家を訪れ、「疫病が流行ったときは茅(ちがや)で輪を作って腰につけていれば病気に罹らないですむだろう」とお教えになりました。最初は腰につけるほどの小さなものでしたが、時代が下って輪が大きくなり、それをくぐるようになったのが「茅の輪神事」です。
   
 茅の輪は28日よりくぐれます。
 当日大祓式及び人形祓物焚き上げ後、拝殿前において執り行います。(参加自由)
祓いについて
「神道は祓いに始まり、祓いに終わる」と言われるように、「祓い」は神道の核をなすものであり、他の宗教には見られない神道独特の行事です。海外の祓いと言えば、あの有名な映画「エクソシスト」の悪魔払いを思い浮かべる方もおられると思いますが、これは神道の祓いとは全く違ったものです。エクソシストの悪魔払いや霊能者の除霊は、人間に憑依した悪魔や怨霊と対話し、それを排除或いは浄化させることで、神道の祓いとは、知らず知らずの内に降り積もった罪や穢れを祓い落す事です。
「罪」は「包む身」、即ち神様から頂いた素晴らしい心身を包み隠してしまうもの、「穢れ」は「気が枯れる」、即ち我々を生かしてくれる神様の気を枯らしてしまうものです。これらを払い退け、もとの活力に満ちた心身に立ち返らせ、清々しく生活できるようにする事が神道の「祓い」です。